読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォルター・ウィックを買うならココ♪チャレンジミッケ

小学生・保育園年長の娘と挑戦しました!とても楽しいです!!届くまで内緒にしていたのですが!上の子は学校にあるようで・・・あっさりと分かると言われてしまいましたが!年長の子はとても見つけるのが楽しいようで寝ません・・・w年長さんには少し難しい語句もありますが!細かく教えていけばなんとか大丈夫かな!!見つける物が多くて飽きないです!子どもがはまっているので!揃えるために購入しました。ちょっと早いかなと思いながらも、自分が欲しかったのもあって、1歳10ヶ月の息子にプレゼントしてみました。図書館で借りてきたミッケ!に真剣に取り組んでいたので、誕生日プレゼントの1つとして購入しました。

早速ご紹介♪

2017年03月08日 ランキング上位商品↑

チャレンジミッケ ウォルター・ウィックチャレンジミッケ!(1) [ ウォルター・ウィック ]

詳しくはこちら b y 楽 天

親子で楽しく読んでいるようです。大人の方が確かに真剣になりますね。五才には少し難しいようですが!簡単なものよりはいいと思います。。諦めが早い性格が少しは改善されるかも?!脳梗塞を患った50代の父にプレゼントしました。最初渡したときの反応ははっきり言っていまいち。絵がカラフルでかわいいです。シリーズ化されていて、現在ミッケ!は8冊までチャレンジミッケ!は4冊まででてます。3歳児にはちょっと難しかったようです。お値段がちょっと高めだけど、、学校でも図書館でも貸し出し中なことが多いから少しずつ買い足していこうかなと思ってます。リハビリとしつつも楽しくできるとても良い本に出会えたと思います。でも、私が食い入るように見ていると、気になってきたようで^^すぐに一緒に遊べるようになりました。シリーズで揃えたいです。病後の後遺症で集中力散漫になってしまう状態から、かなり集中力がついたように思います。きっと小さいうちから与えていれば、この本を通して子どもの成長が楽しめそうな1冊です。初めてなのでミッケ!(1)と同時購入しました。3歳の女の子に誕生日プレゼントに購入。全部のページにいる!黄色いお顔のお人形(画像参照)をマルちゃんと名づけ!それを一緒に探すのがお気に入りです^^ただ個人的にもっとメルヘンな感じを好むので!次は「どこ?」シリーズに手を出してみたいと思います。本の大きさがもう少し小さいサイズなら、小さな手でもめくりやすいと思いますが。全部見つけだすのに必死です。今ではミッケしよっか〜と誘うと、喜んで持ってきてくれます♪ぞう、さかな、ねこ、ほし、てんとうむし、かさ、などなど、ちっちゃい子にもなじみのものが、各ページに散りばめられているので、「○○はどこかな?」で相当遊べます。まだ字が読めないのでついてないといけないですが、普段テレビに子守りさせてばかりなので良いコミュニケーションになります。今回の注文は、家で絵本を見ていて、「これ、うちの子にも欲しい」と言われ注文しましたミッケ1は、6歳の子供にと買った絵本ですミッケ1は、たくさんの「おもちゃばこ」の絵の中から小さな星や、銀色のコインなどを探していく絵本です大人でも「どこ!?」と思わず真剣になれる、子供といっしょに楽しめる絵本です来年、小学校の長男には、集中力も少しつく、いい絵本だと思いますおじいちゃん、おばあちゃんの家におもちゃがない そんなときにもいいかも・・と思ってます個人差もあるけど「探す」ことができる5歳ぐらいからいいのではないかと思いますうちの3才の次男は、色と形の一致が難しいようで「青い星」と書かれているのに、黄色い星を指差して「あった」と言ってました1歳の子供にはまだ早いのですが、メガネ、星などの「物」「形」「色」をこの本で教えたりしています隠れている数字を探したり、一つのものを探す絵本なので頭を使い、集中力をつけるのにいい絵本でした親子で一緒に楽しめるので、普通の絵本を読んで聞かせるより食い付きがいいです(笑)お気に入り過ぎて毎日のように見てるので、もう何がどこにあるというのを覚えてしまったようで、2巻の購入を検討中ですwこの調子で1冊ずつ増えていきそうですねー(;´▽`A``このチャレンジミッケシリーズは、従来のミッケシリーズのようにページの中から支持された物を探すだけでなく、各ページ毎に間違い探しや迷路遊びなどおまけの遊びも用意されているので、まさに一粒で二度美味しい!です。思わず必死になって探してしまうときもあればぼけ〜っと眺めているだけでも楽しいです。クリスマスプレゼント用に買いました。知らない語彙を絵で覚えられるのもいいですね。リハビリの先生が「リハビリに良いし、子供なんかだと取り合いのボロボロになってしまうほど」だとおすすめしてくださったところから知り、セブンとお化け屋敷を先に購入。物探しも意外なところにとぼけて置いてあって、従来のミッケ同様、本当楽しませてくれますよ。シリーズそろえたいです。まだ2歳半の子供ですが、この辺にあるんじゃないかなとヒントを出してあげて見つけられた時にスッゴク喜んで次、次と遊んでます。ミッケ!シリーズは糸井重里さんの的確な(?)語訳でテンポよくみつけることできますよね。見つけられず必死になってしまいました。チャレンジミッケの方が物語り風になっているので主人公?のシーモアを一生懸命探しながら次はどこにいるかなぁ♪と4歳児には楽しめるみたいです。答えがないのがまた良いかと思います。4を今!注文してますが在庫は4冊あるになってるのに無いらしく!届くのが楽しみです。難しい年頃(小学生高学年)のプレゼントにしたらぜったい喜ばれる!誕生日プレゼントです。このチャレンジミッケは!先のセブン・お化け屋敷よりずっと細かく難しくなっているようにいっています。答えが載ってないのがまた心憎い演出(?)飽きっぽい子供が見つかるまで粘り強く探してます。4のクリスマスを持っていたので今回は1を購入してみました。大人も子供も楽しめてとてもいいですね。はじめは何がなんだかだったみたいですが!要領をえると5才児のように熱中して「みっけ!」しているのでたまに並んで一緒に「みっけ!」してます。